岡山市 リーフ歯科クリニック

一般歯科

虫歯治療

一般歯科虫歯は確実に除去すると同時に、なるべく痛くないように、なるべく削らないように必要最小限の治療を心がけています。


『虫歯とは』

虫歯とはひとことで言うと酸にとって歯が溶かされる病気のことです。

お口のなかにはたくさんの細菌が存在します。その中でもミュータンス菌などの虫歯菌は食事の糖分を取り込み、酸を出します。

食事をした後、歯を磨かずに放置しておくなどして、この状態が続くと虫歯になってしまいます。

飲食後の歯磨きの習慣づけをおすすめします。


虫歯の進行

虫歯が進行するに従いCO → C1 → C2 → C3 → C4と悪化していきます。以下で治療法と合わせて簡単に説明します。

CO

表面が少しだけ溶けた、軽度の虫歯です。歯に穴は空いていません。ごく初期の場合は適切な処置をすることで元の健康な状態に戻る可能性があります。

C1

C1歯の表面(エナメル質)の限られた狭い範囲に穴ができている状態。

ほとんど痛みが無く、虫歯に気が付かないこともあります。

虫歯になったエナメル質の部分だけを削り、レジン(プラスチック)などをつめる簡単な治療ですみます。


C2

C2冷たい飲食物でしみることがある状態です。

歯の表面のエナメル質から、その下の象牙質にまで虫歯が広がっています。

虫歯になった部分だけを削り、詰め物をします。

虫歯で削る歯質が多いようなら全体を被せ物で覆ったりする事もあります。


C3

C3虫歯が歯の神経まで進んでいる状態。

痛みがある事が多いです。

歯の根の治療を終えたら、土台を作り、被せ物を作ります。


C4

C4歯が崩壊し、歯の根だけが残った状態。

状況によっては保存するのが困難な場合もあります。



電話をかける

Copyright © 2018 Leaf Dental Clinic. All Rights Reserved.

ページの先頭へ